スポンサーリンク
魯迅「故郷」

魯迅「故郷」④

「閏土」との再会によって「故郷」に失望した「わたし」。彼はどのように「故郷」と別れを告げたのか…。魯迅は『故郷』という作品に彼の決意を込めました。幻想ではなく「現実」に向けて、彼の「希望」は今も人々に受け継がれています。
魯迅「故郷」

魯迅「故郷」③

ついに「わたし」は「美しい故郷」の思い出である「閏土」と再会します。しかし、彼との再会は「わたし」に「現実」の過酷さをつきつけることになりました。なぜ「閏土」は沈黙するのか、なぜ「わたし」も沈黙するのか。「現実」と向き合うというのはどういうことなのか、考えて読みたいと思います。
魯迅「故郷」

魯迅「故郷」②

「美しい故郷」を「閏土」との思い出によって取り戻した「わたし」。「わたし」にとって「閏土」はどのような存在だったのか。また「美しい故郷」とは「わたし」にとって何だったのか。二人の少年時代を振り返りながら、読みを深めていこうと思います。
魯迅「故郷」

魯迅「故郷」①

中国の小説家、魯迅の書いた「故郷」。この作品は「わたし」が「故郷」に初めて向き合う話です。冒頭部分で「わたし」は「故郷」をどう見ていたのか。「美しい故郷」とは一体何なのか。「わたし」が目覚めるまでの曖昧な感覚を読んでいきます。
読書感想文

読書感想文⑦「恋も仕事も日常も和歌と暮らした日本人」

浅田徹 「恋も仕事も日常も和歌と暮らした日本人」  2019年に淡交社から発行された和歌に関する本だ。小倉百人一首に関する本はいくつか読んできて、もう少し、それ以外の和歌も知りたいな、と思っていた時に出会った本だ。結論から言うと、ち...
主張文

主張文を書こう④

主張文を書こう④ 身近に考えるための『嘘』  緊急事態宣言が解除されました。健康に気をつけながら、また新しい生活を頑張っていきましょう。久々の更新になってしまいましたが、「主張文」についてはこれが最後になります。どうぞよろしく...
主張文

主張文を書こう③

主張文を書こう③ 大会に参加して思うこと。  書いた主張文を用いて市の弁論大会に出場することがある。大会という名目上、評価や賞が関わってくる。しかし、何事もそうだが作品に優劣をつけるというのは難しいものである。  弁論は...
主張文

主張文を書こう②

違和感がアイデンティティに  前回の記事で、アイデンティティに関する主張文に対して抱いているジレンマを書いた。しかし、どうしても生徒たちの経験は言語化するとアイデンティティに繋がる。ふとした時に、「日本人ではない」という理由で覚える...
雑記

雑記②「思い出のマーニー」

映画『思い出のマーニー』 なぜ「よくわからない」のか。 金曜ロードショーで『思い出のマーニー』が放送される。私にとってはここ最近のジブリ映画では一番好きな作品だが、割と周りの評判は悪い。学生達にも評判が悪い。理由は「よくわから...
雑記

雑記①劇団四季・イギリス版・映画「CATS」

ミュージカル「CATS」が映画化したので観にいった。映画よりも前に、高校生のころに従姉に連れられて劇団四季を観にいったのが、私と「CATS」との初めての出会いだ。イギリス版のDVDも購入して楽しんでいるので、簡単に作品についての解説と、映...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました