2022-06

スポンサーリンク
ヘルマンヘッセ「少年の日の思い出」

ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」④

「ぼく」はしでかした罪を「エーミール」に謝罪しに行くことになります。しかし「ぼく」は本当に「エーミール」に罪悪感を持っているでしょうか?本当に心から謝罪をしているでしょうか?最後の自分のチョウを潰してしまう「ぼく」の行動はどんな意味があるのでしょうか?「ぼく」の心情について考えてみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました