読書感想文

スポンサーリンク
読書感想文

読書感想文⑧「チョウはなぜ飛ぶか」

「研究」とは何を意味するのか。幼い頃に「チョウ」について、ふと抱いた疑問を解決するために研究を続ける日高敏隆さん。彼の研究の日々はとても単調で一見地味なものです。しかし、淡々と書かれた文章からは、知ることの楽しさ、その輝きがあふれ出ています。長年の名著が新装版で復刻です!
読書感想文

読書感想文⑦「恋も仕事も日常も和歌と暮らした日本人」

浅田徹 「恋も仕事も日常も和歌と暮らした日本人」  2019年に淡交社から発行された和歌に関する本だ。小倉百人一首に関する本はいくつか読んできて、もう少し、それ以外の和歌も知りたいな、と思っていた時に出会った本だ。結論から言うと、ち...
読書感想文

読書感想文⑥「蜜蜂と遠雷」

恩田陸「蜜蜂と遠雷」 2017年に出版されてから、今でも本屋の店先に並んでいる話題の本だ。直木賞と本屋大賞も受賞し映画も放映され、今の日本を代表する本の中の一冊だと思う。以前から友達に勧められていたのだが、作家の恩田陸さんの作品は『...
読書感想文

読書感想文⑤ 上田岳弘「ニムロッド」

   「誰かの意図」に支配された世界  この小説はビットコインについての話だが、実際にビットコインについて書かれない。それもそのはずで、「ビットコイン」はそもそも「存在しない」から書くことができない。 一昔前の近代は「...
読書感想文

読書感想文④ 深緑野分「ベルリンは晴れているか」

深緑野分「ベルリンは晴れているか」  2018年度「本屋大賞」3位を受賞した作品だ。普段あまり最近の小説を手に取らないが、この小説は大学時代の友達からオススメされて読んだ。第二次世界大戦後のドイツを舞台に、被害者側、加害者側の二つで...
読書感想文

読書感想文③ アンソニー・ホロヴィッツ「カササギ殺人事件」(MAGPIE MURDERS)

アンソニー・ホロヴィッツ「カササギ殺人事件」(MAGPIE MURDERS)  年末はどの界隈でも、一年の中で最も優れたものが選出され賞が贈られる。それは出版業界でも例にもれず、優れた本には賞が発表される。私はもともとミステリーが好...
読書感想文

読書感想文② 相沢沙呼「小説の神様」

相沢沙呼「小説の神様」 また生徒から本を借りた。仰々しいタイトルと若い子の好きそうな表紙から、私だったら買っていないな、と思った。けれどもこのように読む機会をもらえて嬉しい。このように生徒と本の貸し借りが行えて、自分の読書の幅が広がると、...
読書感想文

読書感想文① 辻村深月「かがみの孤城」

生徒から本を借りた。聞けば2018年の「本屋大賞」らしい。流行にうとい私は一切知らない本だったので、このように貸してくれるのはとても嬉しい。(まあ、日本語の教師として「本屋大賞」はチェックすべきでしょう…)せっかくなので感想を書こうと思う。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました