森鷗外

スポンサーリンク
森鷗外「最後の一句」

森鴎外「最後の一句」②

物語は、父である太郎兵衛が斬罪が処されることが決まったところからはじまります。では、太郎兵衛の罪は「斬罪」が妥当な罰でしょうか。また、太郎兵衛はなぜ斬罪となる危険を知っていたのに罪を犯してしまったのでしょうか。読み進めると作者自身の生活への「不安」が見えてきます。
森鷗外「最後の一句」

森鴎外「最後の一句」①

「最後の一句」は慣れない古い言葉や内容の難しさのせいで、最初から拒否反応を抱く生徒が多くいます。内容に入る前の導入を、できるだけ楽しく、わかりやすくしてみました。現代の生徒たちに「いち」はどのように映るのか、見ていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました