戯曲

スポンサーリンク
木下順二「夕鶴」

木下順二「夕鶴」③

木下順二「夕鶴」③ 「つう」=「愛」に対する憧れ 前回の記事で、この作品が「愛と欲」を持つ人間を描いた作品であり、その「欲」に対する「つう」の怒りは観客全員に向けられたものだ、と書いた。 今回は「愛」について書こうと思う...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました